金城霊沢碑文の真実

*写真をクリックすると拡大されます。

金城霊沢に隣り合った小さな洞の中に碑文がある。これは前田家第13代斎泰公の命により、臣下の学者津田鳳卿が本文をつくり、同じく学者の渡辺栗が銘文をつぎ、書家の市河三亥が書き記したものである。天保15年(1844)はるばる江戸からこの地に運ばれたと言われ、碑文では湧水量の豊富なこの泉が永く庶民に親しまれてきたことのほか、芋堀り藤五郎について、少し通説とは異なる記述がされている。